大学生が育毛剤を使っても大丈夫なのか知りたい!

育毛剤は大学生でも使うことができるの?

育毛剤を使う年齢は関係無さそうに思えますが、実はそんなことはありません。例えば医薬品の育毛剤は未成年は使うことができませんので、大学生であっても使用不可なのです。医薬品の育毛剤であれば、リアップやプロペシアなどがありますので、これらの育毛剤を使用するときにはまずは二十歳になることが最低条件です。しかし、医薬部外品の育毛剤であれば年齢は関係なく使用することができます。医薬部外品であれば、副作用の恐れがありませんし厚生労働省が認可しているものであれば問題無く使用することができます。また、育毛剤を使用するときには、しっかりとポイントを抑えて使用することが大事です。では、育毛剤選びに重要なポイントは何かを解説していきます。

無添加で身体への負担が少ないもの

医薬部外品とはいえ、やはり刺激が強すぎるものであれば頭皮や身体に悪影響を及ぼしてしまうリスクがあります。特に、未成年の場合であれば成人と比べるととても身体への影響が出やすくなってしまいますので注意が必要です。育毛剤を選ぶときには、頭皮はもちろん身体への負担が少ないものを選ぶことが鉄則です。そのためには、無添加の育毛剤を選ぶようにしてください。また、敏感肌の方はパッチテストを行うことも大事です。実際に使ってみて、肌荒れしないような成分が入っているかどうかを確かめることは大事なので、アレルギー検査やパッチテストなどを行い、安全に使うことのできる育毛剤を使うようにしてください。

男性ホルモンを抑制することができるかどうか

育毛剤を選ぶ上で大事なのは、抜け毛の原因になる男性ホルモンを抑制する物質が入っているかどうかです。実は悪玉男性ホルモンが増加してしまうと、M字ハゲや頭頂部のハゲになってしまうのです。育毛剤を使っても効果が無かったという声がたまにネット上に流れることがありますが、それは悪玉男性ホルモンを抑制する物質が配合されていないからです。なので、育毛剤を選ぶときには、この点をしっかりと考慮するようにしてください。また、血行促進する成分が入っていることも大事です。例えばカプサイシンなどが有名ですが、血行促進することによって、毛根や毛乳頭に酸素や栄養素がしっかりと届くようになります。身体でもそうですが、毛根にも栄養が行き届かないとやせ細ってしまいますので、血行促進効果のある育毛剤を選ぶようにしてください。

参考:ポリピュアは他の育毛剤と比較してどこが勝っているのか?

Comments are closed.